屋根遮熱塗装

 皆様こんにちは

 冬の寒さも和らいできて、春を感じるような気候になってきましたね。同時に花粉症の季節到来で例年そこまで症状の出な私ですが、今年は結構苦しんでいます。

 今回は屋根の遮熱塗装についてです。現在進行形で某カーディーラー2店舗施工中で、今日は施工前の状況をご紹介します。

 1件目はかなり痛みが激しく、所々補修痕があるところを見ると、過去に雨もりなども経験された様子が想像できます。

(全景)全体的にサビが廻っていてケレン作業が大変そうです。

 

(近景)塗膜が剥離しています。

 

(ボルト)かなり錆びています、放置すると雨もりの原因ですね。

 

(板金部)錆びて架けているような場所もあります。

 

2件目サビはそれほど見受けられませんが、全体的にチョーキング(白い粉が吹いている状態)でまともに塗膜が残っている部分がありません。

(全景)もともと何色だったのかも分かりません

 

(近景)下地が見えているところもあります。

 

(ボルト)ボルト部分はさすがにひどいサビです。

 

今回使用する材料は日本ペイントのサーモアイです。

 上塗りと下塗りのダブル反射の効果で、カタログ上は表面温度が10.5℃~最大23℃程度、室内温度で2~3℃の温度低下がうたわれています。

材料の詳細については、施工完了報告の際にお伝えします。

 

 

2021年03月05日